石垣港

石垣港

石垣島 移住

移住で【確保しておくモノ2つ①】住まい編

投稿日:2018年11月26日 更新日:

この記事が
「移住したい人のための参考書?」
…みたいになれば光栄に思います。

 

あらかじめ引越し先に
確保しておくべき「モノ」
これには次の2つがあります。

 

① 住まい(寝泊まりする場所)
② 収入源(生活するお金)

 

です。

 

今回は「住まい」について
わたしの体験談です。

 

わたしは当初、
ウィークリーマンションや
マンスリーマンションで暮らしながら

 

じっくり1~2ヶ月かけて
1戸建ての賃貸物件を探そう!
…と思ってました。

 

理由は、

 

  1. 物件や環境など、
    実際に目で見て決めたかった。
  2. マンスリーなら敷金とか、
    礼金とか捨てる金?が少なく済む。
  3. 家具や家電など揃ってるので、
    最初に引っ越す荷物が最小限で済む。
    本住まいが決まってから
    第2弾として大物家具など引っ越せばいい。

 

まあ、
本土から離島となると
何かと大変なわけです、、、

 

そんな理由から

 

最初は仮住まいといて
マンスリーを探そう!
そんな感じでした。

 

で、、、

 

物件をネットで調べては
片っぱしから不動産屋に問合わせ!

 

でも
空き部屋が一つもありません。

 

石垣島人気の過熱ぶりを
完全にあなどってました。
顔面蒼白状態、、、です。

 

探し始めたのが6月で
すでに観光シーズン突入。
タイミング悪くどこも満室。

 

こんなはずじゃなかったのに
どうしよう、、、?

 

仕方なくマンスリーをあきらめて
一般のアパート(あくまでも仮住まい)
を探すことにしました。

 

7月から仕事も決まってたので
引っ越しは強行!
できれば仕事場から徒歩圏内
しかも安い物件。

 

…ってことで
見つけたのが今も住んでるアパート。

 

アパート

 

アパマンショップさんに
お世話になったんだけど
これがまた契約するまでが厄介でした。

 

実際に足を運んで内覧しなければ
契約申込できないとのこと、、、

 

わざわざ内覧と契約のために
名古屋から石垣まで飛ぶのかあ?

 

…って思ったけど
ダメもとで聞いてみると
友人に内覧を代行してもらうのも可!
とのこと。

 

早速、
他の人に契約されてしまう前に
お世話になる先輩にお願いして
速攻で内覧してきてもらいました。

 

まあ仮住まいだし
いいんじゃない?ってことで

 

FAXで契約申込して
審査が通って、、、、

 

そしていよいよ移住する
7月6日

 

関西空港からに石垣島へ入島して
すぐさまレンタカーで
アパマンショップへ
そして本契約書に署名捺印。

 

部屋のカギを受け取って
アパートに入ったのでした。

 

  • ガスの開通は
    7月7日
  • 引っ越し荷物が届くのは
    7月8日
  • エアコン取付は
    7月9日
  • 車が届くのは
    7月11日の予定

 

移住の当日は
ガスもエアコンもなし。

 

3日分の着替えなど
最小限の荷物しか持ってきてない。

 

風呂は水のシャワー浴びて
床にバスタオルだけ敷いて

 

クーラーなし!
扇風機かけて寝ました。

 

アパート

 

そしてその後、

 

エアコンは予定通り届いたものの
電圧の規格が合わず使えず
結局、新品を買い直して、、、

 

真夏の石垣で10日間
クーラーなしの暑い夜を
耐え抜いたのでした。(^_^;)

 

 


 

 

さて、、、

 

このアパートは街の中心地
いわゆる730交差点に程近くて
何でも揃っててスゴイ便利な立地。

 

ちょっと狭くて古いけど
家賃も安いし、
ベランダから海も見える、、、
…ってことで
今も妥協しながらも生活中!

 

納得いく物件との
運命の出会いがあるその日まで
もうしばらく辛抱してみます。

 

アパート

-石垣島 移住
-

Copyright© 石垣島移住奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.