本能の逆を行け

本能の逆を行け

前向き思考

本能の逆を行け!

投稿日:2016年5月7日 更新日:

人間の脳は
脳幹、大脳辺縁系、大脳皮質
この3種類の脳が
下から上へ、内から外へと
重なって出来ている。

 

この3つの脳は
爬虫類脳、哺乳類脳、人間脳
と例えられている。

 

人類の数百万年の進化の過程で
地層の様に積み重なってきたらしい。

 

人間脳は「思考や精神面」
コントロールしている。

 

理性や自制心などがこれにあたる。

 

哺乳類脳は「感情面」をコントロール。

 

喜怒哀楽などは人間に限らず
哺乳類全般が持っている様だ。

 

爬虫類脳は歴史上最も古い脳で
「本能」をコントロールしている。

 

ところで、

 

本能の働きが
あらゆる生き物に共通しているとしたら?
どんな働きだと思いますか?

 

もしかしたら
“少しでも長く生き延びて種族を残す事”
なのかもしれません。

 

たとえば、
これでもかというくらい
腹いっぱい食ってしまうのは、

 

餓死しない様に食える時に食っておこう
と本能(潜在意識)が働くから…。

 

異性を意識して関係を求めるのも
本能が働くから…。

 

危険な目に遭わない様に
安全な場所を探すのも、

 

何事にも挑戦することなく
ダラダラ時間を過ごしてしまうのも、

 

すべて本能の仕業なんだ。

 

私たちは
もともと怠惰な生き物なんだと
認識しておいた方がいいのかもしれない。

 

本能は
命の危機に遭遇した時以外は
いつも怠けようとしているんだ。

 

障害と闘うことよりも
逃げることを最優先するのだ。

 

今のままでもいいんじゃない?
やめといた方がいいんじゃない?
明日でもいいんじゃない?
そのうち、そのうち…。

 

人生を価値あるものにするには
本能(爬虫類脳)に
打ち勝たなければならない。

 

成功とは進化だ。

 

進化させる思考メカニズムを考えてみた。
次の通りだが、どうだろう?

 

どうなりたいのか?
何を成し遂げたいのか?
まずは「心の声」を聴け!

 

それが「人間脳」へのスイッチONだ。

 

次は
すでに自分の夢が叶ったかのごとく
その情景を強烈に妄想しろ!

 

欲しい物でもいい。
やりたい事でもいい。
なりたい姿でもいい。
ありたい状態でもいい。

 

静止画ではなく動画での妄想だ。

 

妄想で「哺乳類脳」を覚醒させて
幸せ絶頂、わくわく情念を燃やせ!

 

あとは
最高最大のピークさえも突き抜けるのを
楽しみにしながら、
絶好調モチベーションで挑むだけだ!

 

本能の逆を行け!

 

 


 

 

今回は、
改めて自分に言い聞かせました。(喝!)

 

以前も3つの脳について書きました。
よろしければお付き合いください…。

↓ ↓

「皆、本能で生きていることを知る!」

 

 

 

 

-前向き思考
-

Copyright© 石垣島移住奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.