三歩進んで二歩下がる

ふと思う

【3歩進んで2歩下がる…が最強!】

更新日:

このまま一進一退が続くのかなあ、、、
そんなことが頭をよぎって、

 

ふと、
数年前に聴いたある講演会での話を
思い出したので話します。

 

「3歩進んで2歩下がる」

 

この言葉の解釈に感銘を受けたんです。

 

出所は
昭和歌謡、水前寺清子さんの
「三百六十五歩のマーチ」

 

幸せは~♪
歩いてこない~♪
だから歩いてゆくんだね。

 

1日1歩、3日で3歩、
3歩進んで、2歩下がる~♪

 

こんなフレーズです。
待ってても来ないから歩いていこう。
…ってことなんですけど、

 

せっかく3歩進んだのに
2歩も下がっちゃったよ~
結局は1歩しか進んでないじゃないか~

 

こんな風に、
がんばってる割には進まない。
悔しいような悲しいような
そんなこと誰にもありますよね。

 

見た目には1歩しか進んでない。
でもね、、、
大切なのは

 

実際に歩いたのは何歩だったんですか?
…ってことなんです。

 

そうです。5歩なんです。

 

進んだのは
「わずかな1歩」かもしれない。
でもその1歩は
5倍の経験を積んだ上での
「たしかな1歩」なんです。

 

揺るぎのない1歩。
同じ1歩でも、
この差はめちゃくちゃデカい。

 

下がることない快進撃なんて
一時のバブルかもしれないし、
ただの運かもしれない。

 

地盤の固まってない
「ぽっと出」とか、「一発屋」とか、
それで終わっちゃダメです。

 

その講演会はこんな話だったと思います。

 

熟成させながら、じわじわ進もう。
たとえ1ミリでも前に進んだ
…って感じられれば OK!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

-ふと思う
-

Copyright© 石垣島移住奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.